大阪市大正区のクオーレ動物病院

去勢・避妊手術

去勢・避妊手術について

安心・安全な手術のために

安心・安全な手術のために

大阪市大正区のクオーレ動物病院では、大きな病院の小児科でも採用されている最新の麻酔器を導入していて、安心・安全に去勢・避妊手術することが可能です。

手術は基本的に日帰りとなりますが、飼い主様のご希望に応じて、1日お預かりすることもできます。

去勢・避妊手術は、健康な時に受ける手術です。
だからこそ、麻酔などの処置に不安を感じる方も多いことでしょう。

当院では、最新の麻酔器の使用によりできるだけ麻酔時間を短くするなどして、お預かりした時と同じように健康な状態で、飼い主様にお返しするように万全の体制を整えています。

去勢・避妊手術の目的

去勢・避妊手術には、望まない繁殖を避けるだけでなく、去勢手術では精巣腫瘍や前立腺肥大など、避妊手術では卵巣腫瘍や乳腺腫瘍など、将来の病気を予防する目的もあります。

また、マーキングやマウンティング、遠吠え、喧嘩など、発情期の問題行動の抑制にも繋がります。

去勢手術ってどんな手術?

去勢手術とは?

去勢手術とは?

去勢手術とは、全身麻酔下で陰嚢近くを切開して、卵巣(睾丸)を摘出する手術です。

健康状態が良好だったり、発情期でなかったりすれば何歳でも受けられますが、初めての発情期前(生後6ヶ月ごろ)に受けるのが理想的です。

去勢手術のメリット

  • 望まない繁殖が避けられる
  • 卵巣腫瘍、前立腺肥大、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアなどの病気が予防できる
  • マーキングやマウンティング、遠吠え、喧嘩など、発情期の問題行動の抑制に繋がる
  • 発情期のストレスから解放される

避妊手術ってどんな手術?

避妊手術とは?

避妊手術とは?

避妊手術とは、全身麻酔下で開腹して、卵巣と子宮を摘出する手術です(卵巣だけを摘出する場合もあります)。

健康状態が良好だったり、発情期でなかったりすれば何歳でも受けられますが、初めての発情期前(生後6ヶ月ごろ)に受けるのが理想的です。

避妊手術のメリット

  • 望まない繁殖が避けられる
  • 卵巣腫瘍や乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、子宮内膜炎などの病気が予防できる
  • スプレー行動などの発情期の問題行動の抑制に繋がる
  • 発情期のストレスや体調の変化などから解放される

乳腺腫瘍の予防について

避妊手術で予防できる病気に乳腺腫瘍がありますが、これはワンちゃんでよく発生する腫瘍で、悪性の確率は50%とされています。
ネコちゃんではあまりみられませんが、悪性の確率は80%以上とされています。

避妊手術を受けることで、この乳腺腫瘍が高い確率で予防できるようになります。
ただし、1歳以降に手術を受けると予防効果は低減してしまいますので、生後6~7ヶ月ごろに手術を受けられることをおすすめします。

避妊手術により乳腺腫瘍の予防率
ワンちゃんの場合
初めての発情期前99.9%
1回目の発情期後92%
2回目の発情期後74%
2.5歳以降0%
ネコちゃんの場合
初めての発情期前91%
生後12ヶ月まで86%
生後24ヶ月まで11%
生後24ヶ月以降0%

去勢・避妊手術の流れ

手術前日

手術の12時間前から絶食、6時間前から絶水でお願いします。

去勢・避妊手術は13~16時までの休診時間に行いますので、手術前日の24時を過ぎたらごはんを下げて、翌朝6時にはお水を下げるようにしてください。

手術当日

去勢・避妊手術は13~16時までの休診時間に行いますので、12時までに当院へお越しください。

ワンちゃん・ネコちゃんをお預かりして、手術を行います。

手術後

手術は基本的に日帰りとなります。
術後の状態に問題がなければ、夕方(16~17時ごろ)以降にお返しします。

飼い主様のご希望により、1日お預かりすることも可能ですので、お気軽にお申し出ください。

去勢・避妊手術の費用

※価格は税抜表示です

※術前検査やお薬代などの費用は含まれていません

去勢手術

20,000円~
13,000円~

避妊手術

25,000円~
20,000円~

06-6556-5191 06-6556-5191

line@

caloopet

大阪動物夜間救急センター

anicom

アイペットペット保険対応動物病院

top