予防について

1. 混合ワクチン(犬、猫)

感染すると命に関わることもあるウイルスや細菌に対し、十分な抵抗力をつけるものが 混合ワクチンです。

犬の混合ワクチン

◎子犬への接種

生後間もない子犬は初乳を通して母親から免疫を譲り受けます(移行抗体)。この免疫を持っている間は、病気にかかりにくいという利点がありますが、同時にワクチン接種をしても効果を得にくい時期でもあります。
子犬のワクチン接種は、この母親譲りの免疫がなくなる時期を待って行わなければなりませんが、時期は子犬によって個体差がありますので、2〜3回ワクチン接種をする必要があります。
病気を防ぐ為のより確実な接種時期は獣医師にご相談ください。

予防

◎成犬への接種

年に1回のワクチン接種が必要です

★当院では8種ワクチンを用意しております。
 その他のワクチンについては相談下さい

猫の混合ワクチン

◎子猫への接種

一般的に生後8週齢前後に1回目、12週齢以降に2回目のワクチン接種を行います。

◎成猫への接種

年に1回のワクチン接種が必要です。

★当院では3種ワクチンを用意しております

猫

2. 狂犬病予防注射(犬)

狂犬病は犬だけでなく、人を含む全ての哺乳類に感染する人獣共通感染症です。
発症すると死亡率はほぼ100%で治療法もない恐ろしい感染症です。
動物において昭和32年以降発症例はありませんが、近隣諸国では狂犬病が蔓延しており、いつ国内に侵入してくるか分かりません。
日本では法律で、生後91日齢以上の犬の狂犬病予防注射(年に1度)が義務付けられておりますので、ワクチン接種を必ず行いましょう。

  • 初年度の混合ワクチンが終わる生後約3ヶ月以降に来院していただき、注射、登録・注射済票の交付を行います。
  • 2年目以降は市町村からのハガキを持参して来院してください(年1回)。

3. フィラリア予防(犬、猫)

フィラリア症は蚊に刺されることで感染する寄生虫疾患です。最終的に心臓・肺動脈に寄生し、心不全だけでなく肺、肝臓、腎臓などにも悪影響をあたえます。

フィラリア症に感染すると

  • ・咳をする
  • ・息切れ、疲れやすい
  • ・呼吸が苦しそう
  • ・痩せてくる
  • ・腹水の貯留
  • ・赤い尿
蚊

等の症状が見られ、重篤化すると死に至る恐ろしい病気です。

フィラリアは予防すれば100%防げる病気です

予防を怠ると「知らない間に感染していた」ということがあります。
フィラリア予防の期間は地域により異なりますが、5月~12月までです。

では予防薬にはどのようなものがあるのでしょうか?

飲み薬タイプ(月1回)

チュアブル(食べておいしいおやつタイプ)、錠剤(お薬タイプ)があります。
予防薬にはノミ、マダニ、内部寄生虫を同時に駆除できるものもある為、どういうタイプの飲み薬が良いか気軽にスタッフにお尋ね下さい。

スポットタイプ(月1回)

背中にたらすタイプの滴下型の予防薬で、同時にノミも予防できます。
猫のフィラリア予防に効果的です。

※フィラリア予防薬を安全にご使用いただくために・・・

フィラリアに感染した状態でフィラリア予防薬を投与するとアレルギーを起こす場合があります。 よって当院では予防前のフィラリア検査を実施しており、感染していないことを確認してからの予防薬処方の実施を心がけております。

4. ノミ・マダニ予防(犬、猫)

気温が上がってくると、ノミやマダニといった寄生虫の活動が活発になってきます。ノミやマダニは、犬や猫に貧血やかゆみを引き起こすだけでなく、人間も襲います。うちの子は室内から出さないからといって、安心はできません。まれに、人間が外から持ち帰ってしまう事もあるのです。

※ノミは気温が13℃以上で繁殖可能なため、寒い冬の時期でも暖かい室内では活動期として増殖します。 また秋から冬にかけて幼ダニ・若ダニが活動するため、1年を通して月1回の予防が必要です。 予防薬にはスポットタイプ(背中にたらすタイプ)と飲み薬がありますので、ご相談ください。

5.避妊・去勢手術(犬、猫)

避妊・去勢手術は病気の予防、発情時のストレス減少など犬や猫にとって必要なものです。
種別・健康、成長状態により最適な時期でおすすめしています。

避妊・去勢手術により様々な予防効果が期待できます。

雌犬

  • 発情時の出血がなくなる、発情に伴うストレスからの解放
  • 偽妊娠などの行動がなくなる
  • 卵巣、子宮疾患の予防
  • 乳腺腫瘍の発生の減少

避妊手術の時期と乳腺腫瘍の予防効果には以下のような報告があります。(犬は50%が悪性)

初回発情前 予防効果99.5%
1回発情後 予防効果92.0%
2回発情後 予防効果74. 0%
2.5歳以降 予防効果0%

当院では6~7ヵ月齢での避妊手術をおすすめしております。

雄犬

  • 精巣腫瘍、肛門周囲腺腫、前立腺疾患、会陰ヘルニアなどオス特有の病気の予防
  • 発情のストレスがなくなる
  • 攻撃性の低下
  • マーキング、マウンティングの減少

より効果的な結果が出るように当院では6~7ヶ月齢での去勢手術をおすすめしております。

雌猫

  • 望まない妊娠を防ぐことができる
  • 発情時の鳴き声がなくなる
  • 卵巣、子宮疾患の予防
  • 乳腺腫瘍の発生の減少(猫では90%以上が乳腺ガン

当院では6~7ヵ月齢での避妊手術をおすすめしております。

雄猫

  • オス特有の病気になる確率の低下
  • 発情のストレスがなくなる
  • 望まない繁殖を防ぐことができる
  • 攻撃性の低下(性格が穏やかになる)
  • マーキングの減少

避妊手術の時期と乳腺腫瘍の予防効果には以下のような報告があります。

6ヵ月齢まで 予防効果91%
7~12か月齢 予防効果86%
13~24ヵ月齢 予防効果11%
24ヵ月齢以降 予防効果0%

より効果的な結果が出るように当院では6~7ヶ月齢での去勢手術をおすすめしております。

※避妊、去勢手術をすると太りやすい体質になることもある為、注意が必要になります。通常は適切なフードの給餌で予防できます。気軽にご相談下さい。
また避妊、去勢手術は予約制のため事前にお問い合わせください

ペットドック

大切なペットが1日でも長く健康で充実した毎日を過ごすためには、病気になる前の「予防」や、「早期発見・早期治療」が大切なポイントとなります。当院では、愛するペットの健康状態をチェックする「ペットドック(定期健診)」メニューを加え、ペットの健康をサポートいたします。

■ペットドックのメリット

ワンちゃんやネコちゃんは人間よりも約5~6倍もの速さで歳を取るといわれています。そのためほんの1年でも身体の状態が変化することがあるので注意が必要です。 定期的なペットドックを受けていれば、身体からのサインにいち早く気付くことができますし、病変が小さなうちに発見でき、早期に治療することが可能になります。発見が遅れれば遅れるほど、治療の選択肢が狭まり、ペットにも負担がかかりますので、その点でもペットドックは有効な予防手段となります。

■受診の目安

ワンちゃん、ネコちゃんともに年に一度の受診が望ましいといえます。高齢になるとさらにペットドックの必要性が高くなりますので、ワンちゃん、ネコちゃんともに12~13歳(大型犬は10歳)頃からは、半年に一度の受診がおすすめです。

【検査項目と料金】

予約制
午前中あずかり、午後お迎え
爪切りか肛門線がサービス

※各コースに身体検査がついています。

簡単コース 標準コース フルコース
血液検査
(10項目)
血液検査
(13項目)
血液検査
(16項目)
レントゲン
(胸部・腹部)
レントゲン
(胸部・腹部)
レントゲン
(胸部・腹部)
糞便検査 糞便検査 糞便検査
尿検査 尿検査 尿検査
  腹部エコー 腹部エコー
    心臓エコー
    甲状腺ホルモン測定
¥12,000(税別) ¥15,000(税別) ¥25,000(税別)