大阪市大正区のクオーレ動物病院

予防接種・ワクチン

ワクチンで病気を予防しましょう

ワンちゃん・ネコちゃんも予防が大事

ワンちゃん・ネコちゃんも予防が大事

ワンちゃん・ネコちゃんの健康寿命を伸ばすためには、人間と同じように「病気の予防」が大事です。

現在、動物たちの寿命は延びていますが、これは医療技術が発展したことと、「動物の病気予防」という考えが広まったことが大きな要因だと考えられます。

命を脅かす病気や、感染率の高い病気から大切なご家族を守るためには、ワクチン接種・予防接種を受けることが大切です。

毎年きちんと受けて、病気を予防するようにしましょう。

当院の予防プログラム

 4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
混合ワクチン時期を決めて、年に1回接種しましょう(幼犬・未接種の成犬はご相談ください)
フィラリア症    
血液検査強化月間フィラリア症予防薬投与前には、必ず検査が必要です
ノミ・マダニ  
狂犬病ワクチン強化月間強化月間 4~6月以外でも受け付けています。狂犬病予防接種は、法律により接種することが定められています。年に1回、必ず接種しましょう
デンタルケア

混合ワクチン

定期的に混合ワクチンを接種しましょう

当院では、ワンちゃんの混合ワクチンとして「5種混合ワクチン」と「8種混合ワクチン」、ネコちゃんの混合ワクチンとして「3種混合ワクチン」をご用意しています。

混合ワクチンで予防できる病気は、どれも命を脅かす病気です。定期的に接種して大切なご家族を守るようにしましょう。

ワンちゃんの混合ワクチン

混合ワクチン接種のスケジュール
幼犬の場合

子犬の場合、母親から譲り受けた免疫を持っている時期なので、病気にかかりにくいものの、ワクチンの効果が得られにくい時期でもあります。

そのため、母親から譲り受けた免疫がなくなるのを待って、複数回ワクチンを接種する必要があります。

生後2ヶ月1回目のワクチン接種
生後3ヶ月2回目のワクチン接種
生後4ヶ月3回目のワクチン接種(必要に応じて)
それ以降年に1回

※上記の接種時期は目安です。詳しくは当院までご相談ください

成犬の場合

年に1回の接種が必要となります。

混合ワクチンで予防できる病気

※5種混合ワクチンで予防できる病気:①~⑤

※8種混合ワクチンで予防できる病気:①~⑧

  • ①犬ジステンパー
  • ②犬伝染性肝炎
  • ③犬伝染性咽頭気管炎
  • ④犬パラインフルエンザ
  • ⑤犬パルボウイルス感染症
  • ⑥犬コロナウイルス感染症
  • ⑦犬レプトスピラ感染症(イクテロヘモラジー)
  • ⑧犬レプトスピラ感染症(カニコーラ)

ネコちゃんの混合ワクチン

混合ワクチン接種のスケジュール
子猫の場合
生後2ヶ月1回目のワクチン接種
生後3ヶ月2回目のワクチン接種
それ以降年に1回

※上記の接種時期は目安です。詳しくは当院までご相談ください

成猫の場合

年に1回の接種が必要となります。

混合ワクチンで予防できる病気
  • ①猫汎白血球減少症
  • ②猫ウイルス性鼻気管炎
  • ③猫カリシウイルス感染症

混合ワクチンの費用

※価格は税抜表示です

※術前検査やお薬代などの費用は含まれていません

ワンちゃんの混合ワクチン
5種混合ワクチン6,000円~
8種混合ワクチン7,000円~
ネコちゃんの混合ワクチン
3種混合ワクチン4,000円~

フィラリア症予防

フィラリア症とは?

フィラリア症とは?

フィラリア症とは、「フィラリア」という糸状の寄生虫が寄生した蚊に刺されることで、咳、息切れ、食欲低下、疲れやすくなるなどの症状が現れる病気です。

重度の場合、命を脅かす恐れがありますので、きちんと予防するようにしましょう。

予防期間

大阪府のフィラリア症の予防期間は5~12月となっています。

蚊が飛び始めてからフィラリア症の予防薬の投与を開始して、いなくなってから1ヶ月後まで投与し続けます。
特に、予防期間の最後である12月の投与が大事になります。

予防薬の種類

  • チュアブル(おやつタイプ)
  • 錠剤
  • スポット液(液をたらすタイプ)

予防薬には色々な種類がありますので、飼い主様のご希望や、ワンちゃん・ネコちゃんとの生活状況などに応じて、最適なタイプをご提案させていただきます。

予防薬投与前には血液検査が必要です

フィラリアに感染した状態で予防薬を投与すると、アレルギー症状が起こる場合があります。

そのため、安全にフィラリア症予防薬をお使いいただくためには、事前に血液検査が必要となります。

ノミ・マダニ予防

ノミ・マダニが原因で皮膚病が起こることも

ノミ・マダニが原因で皮膚病が起こることも

気温が高くなると、ノミ・マダニの活動が活発になります。

ノミ・マダニが皮膚や毛に寄生すると、皮膚病になってかゆみなどの症状が起こります。
また、人間にも寄生することがあり、飼い主様が外から持ち帰るケースもありますので、室内飼いをしている場合でも予防は必要です。

予防期間

ノミ・マダニは、気温が13℃以上だと繁殖することができ、冬でも暖かい室内では増殖することから、1年を通じて月1回の予防が必要となります。

予防薬の種類

  • チュアブル(おやつタイプ)
  • 錠剤
  • スポット液(液をたらすタイプ)

フィラリア症と一緒に予防できるチュアブル(おやつタイプ)もありますので、ご希望の方はお気軽にお申し出ください。

狂犬病ワクチン

発症するとほぼ100%の確率で命を落とします

狂犬病は、治療方法がなく、発症するとほぼ100%の確率で命を落とす恐ろしい病気です。
また、人間にも感染します。

日本では、法律により接種することが定められています。
年に1回、必ず接種しましょう。

狂犬病ワクチン接種のスケジュール

初めての場合

初めての混合ワクチン接種が終わる、生後3ヶ月後以降にご来院ください。

注射・登録・注射済票の交付を行います。

2年目以降

市町村からのハガキを持参して、年に1回ご来院ください。

狂犬病ワクチンの費用

3,250円

デンタルケア

ワンちゃん・ネコちゃんのお口が臭いませんか?

  • ワンちゃん・ネコちゃんのお口が臭う
  • 歯磨きでは落ちない汚れがある
  • 歯がグラグラしている

こんな症状でお困りではありませんか?

当院では、お口と全身の病気を予防するために、スケーリング(歯石除去)をおすすめしています。
歯を360度、きれいに磨き、目に見えない歯と歯の間の歯石も除去します。

全身麻酔をかけて安全に行うため、5歳以上の子は、まず血液検査で健康チェックをさせていただきます。

詳しくはこちら

06-6556-5191 06-6556-5191

line@

caloopet

大阪動物夜間救急センター

anicom

アイペットペット保険対応動物病院

top